無添加は何で高いの?

愛犬の健康を考えて作られている、無添加のドッグフードですが、気になるのはその価格。通常のペットショップで販売されているドッグフードと比べてしまうと、その価格の違いに、無添加のドッグフードを使ったことがない人は驚くと思います。

当然価格が高い方が、より良い原材料を使っていると思うのは当然の事だと思いますが、何故無添加のドッグフードは高いのでしょうか?無添加という以上、添加物が全く含まれていないと考えている人も多くいるかと思われますがそういう意味ではありません。当然何かしらの添加物は使われていますが、その添加物は愛犬の体内に入っても、健康に全く問題の無い成分です。

ドッグフードという以上、どうしても一日で使いきることは難しく、ドライタイプの無添加ドッグフードであるのであれば、保存先を間違えなければ、ある程度の日数は保存することが出来ます。防腐剤などが入っていなければ、冷凍保存しない限りは、すぐに腐ってしまいます。いくら無添加とうたっていても、必ず何かしらの添加物は含まれています。

しかし、従来のドッグフードと比べ、無添加のドッグフードは、原材料や品質は、比べ物にならないぐらいに安全性があり、愛犬に与えるドッグフードとしては、現在では最も適しているということは間違いありません。

もちろん愛犬の好みの問題もあるので、無添加のドッグフードでは、食事があまり進まない愛犬もいるかもしれませんが、栄養面では、非常に高い水準をほこっているドッグフードですので、まだ無添加のドッグフードを与えたことがない飼い主の方は、自分に余裕がある時には、一度購入してみて、愛犬に与えてみてはどうでしょうか。

何が使われている?

実際に、無添加のドッグフードを与えている飼い主の人も多くいるかと思いますが、無添加と言えど、原材料を疑問に思った飼い主の人は多くいるかと思います。

少し前までは、穀物不使用のドッグフードなどの肉類のドッグフードが流行しましたが、穀物不使用のドッグフードは、価格が安すぎるものは、人間が食べることが難しい死肉をたくさん使った製品が多いことが判明して、飼い主の人は不安を覚えた人もいるかと思います。

しかし、無添加のドッグフードは、その点に関しては現在では非常に安心できると言っても過言ではありません。そもそも無添加のドッグフードは、人間が食べても全く問題のない材料を使い、それを加工してドッグフードとして販売をしています。

その為、品質管理も他のドッグフードよりも、遥かに高い水準を誇っていますし、最近では、インターネットなどで誰でも情報を簡単に手に入れることが出来るので、原産地なども確認することが出来るので、情報を見られてもいいような商品を各メーカーも考えて作っています。

コスト的にはどうしても、今までよりも高くなってしまうことは、しょうがない事ですが、愛犬の健康を考えれば安い買い物ではないでしょうか?

ドッグフード関連情報・・・100%無添加のドッグフード「アランズ」
天然のハーブを使ってドッグフードの酸化を防止しています。